ファッションサイトで被らない洋服の見つけ方と被った時の回避ポイント

>

ファッションサイトは素晴らしい

大きすぎず、小さすぎず

洋服の着こなしで基本となるのが自らに合ったサイズかという事です。

わざと大きいサイズを着こなすファッションもとても素敵ですが、それも自らのサイズを把握しているからこそではないでしょうか?

やみくもに一番大きいサイズを着るとなると大きすぎてなんだか服に着られてしまうなんて悲しい事も起こってしまいます。
ジャストサイズこそ、洋服も自身のスタイルも一番よく見せる事ができます。

お店に行けば試着ができますが、インターネットでは到着するまで実物に触れる事ができません。
だからこそ気に入った商品が見つかったら商品のサイズをしっかり細かく確認しましょう。
サイトだからこその特権であるお客様レビューで着心地や実際の大きさなど参考にする事も可能です。

ベージックデザインを狙え

一例あげるとシンプルな白Tシャツ。
店舗やインターネットで検索するとびっくりするくらい種類があります。
そんなTシャツを選ぶとき、着心地、素材、シルエット、どの点に注目して購入するか人それぞれです。

店舗なら実際に手に取って確認できますし、インターネットなら類似品を比べてじっくり時間をかけて選ぶ事ができます。
しかし種類が沢山あるにもかかわらず「あれ?一緒?」なんて思う事もよくありますよね。

お気に入りの一枚を購入し、いざ着て街を歩けば似たような白Tシャツの人達と沢山すれ違う事でしょう。
ですが、その中で同じTシャツを着ている人に即座に気づく事ができるでしょうか?
仮に着ている本人は気が付く事があったとしても周りにいる人達が気づく事は極稀な事ではないでしょうか。

シンプルなベーシックなデザインなら例え被っていても心の持ちようで乗り切れます!


この記事をシェアする